顧問弁護士のシーン

会社を運営していると、確実に法務が必要になってきます。
しかし、中には法務ができないという方も多いはずです。
そういった時必要になるのが顧問弁護士です。
顧問弁護士は、会社の法務を代行して行うことができますし、他のも様々なシーンで活躍してくれます。
例えば、自社製品を扱っている企業の場合などは、顧客から訴訟を起こされることもあります。

実際に訴訟を起こされるということはあまりないですが、万が一訴訟に対応しなくてはならなくなった時、どのように対応するでしょうか。
近くのアドバイザーや弁護士に相談するという方も多いですし、自社にある法務部が担当する場合もあります。
しかし、そういった部門よりもさらに身近な存在として、利用することが出来るのが顧問弁護士なのです。

顧問と言うことで、常に会社に密着し、何かトラブルがあったときに対応してくれます。
そこで、このサイトではどのようなシーンで顧問弁護士を活用できるのかについて説明します。
自社製品が訴訟対象になったり、社員が会社を訴えることもしばしばあります。
さらには契約書の審査などが必要になる場合も、顧問弁護士を利用することができます。

それぞれ必要なシーンを把握して、スムーズに会社を運営できるようにしておくと便利です。
顧問弁護士は、会社や個人事業主などが、円滑に法務等を行えるようにサポートするのが仕事でもあるのです。
それぞれの仕事内容については、細分化されているので一概に「これ」とは言えませんが、法務関連業務を担当してくれる弁護士も多いです。